1つでも当てはまったら塗替え時!?あなたのお住まいは大丈夫ですか?

普段、ご自分の家をじっくりと眺めることは無いと思います。
しかし、じつは建物は屋根や外壁の塗装工事が必要なサインをきちんと出しているんです!
このサインを見逃すと、屋根・外壁だけでなく建物の内部まで傷んでしまい、工事料金がかさむことに・・・
そうならない為にも、ご自身で定期的にチェックすることが大事です。
そうは言っても外壁はまだしも屋根へ上るのは大変危険です。
そんな時は達美装へご連絡下さい!無料で点検に伺います!

ご自身でチェックした際、以下の症状が出ている場合はご注意ください!

外壁の症例
  • 塗装のはがれ・塗装のふくれ

    塗装のはがれ・塗装のふくれ

    塗膜の密着不良により浮きや剥離が発生している状態を指します。長期間、紫外線などにさらされることで劣化が進みそれによる付着の低下や雨水などの水分が影響しています。そのままにすると素材の保護機能が悪化します。

  • クラック(ヒビ割れ)

    クラック(ヒビ割れ)

    外壁のあらゆる箇所に生じるヒビ割れ・亀裂のことを指します。小さなクラックは目立たないので見落としがちですが、そのままにするとそこから雨水が入り、内部を腐らせ、基礎内部の鉄筋を錆びさせ、躯体の耐久性を落とす危険性があります。壁の内部まで影響が出た場合、塗替えだけではなく大幅な補修工事が必要になる場合もあります。

  • 白亜化現象(チョーキング)

    白亜化現象(チョーキング)

    長期間、熱・紫外線・雨・風にさらされることにより塗膜が分解して、表面が白い粉状になる現象を指します。壁に触れると、白い粉が付着するようになります。塗料の防水効果が悪化している証拠で、そのままにするとクラックや反り返りの原因にもなります。

屋根の症例
  • コケの発生

    コケの発生

    防水効果が悪化すると、雨水や湿気によりコケが発生します。そのままにすると屋根そのものの耐久性も悪化させ雨漏りなどの原因となります。

  • 色の減退・変化

    色の減退・変化

    塗装したのち、太陽光の紫外線などによる劣化から塗膜の表面色が減退したり、何らかの原因でもとの色と異なった色に変化する現象を指します。

  • 既存塗膜の劣化

    既存塗膜の劣化

    塗膜が剥がれ落ちている状態を指します。雨水が直に下地と接触することとなり、さらに劣化を促進させます。早急な補修をおすすめします。

その他の症例
  • コーキング部の欠損

    コーキング部の欠損

    水が入らないように外壁の目地に埋め込まれているコーキング材は、古くなると亀裂が生じます。そのため防水効果が悪化し、内部に水が入るようになり腐食の原因となります。

  • 木部塗装の割れ・剥がれ

    木部塗装の割れ・剥がれ

    木は呼吸をしているため、良い塗料で塗装をしてもいずれは割れてきてしまいます。呼吸をする度に湿気を吸ったり吐いたりして、その都度伸縮を繰り返します。その動きに塗装膜がついていけなくなることが割れや剥がれの原因です。しかし、下地処理や塗装の回数・仕上げ材料などを適切に対処することにより、塗装の寿命もより長くなります。

  • 鉄部のサビ

    鉄部のサビ

    鉄が雨水などの水分や空気中の酸素と反応し、酸化鉄となった状態を指します。塗膜の褐色化により、建物の美観が損われます。金属にとってサビは大敵で、そのままにすると中で腐っていくため、目立ってきたら早急の対処をおすすめします。

塗料によっての性能・耐久性の違い

外壁塗装(モルタル・サイディングなど)

外壁塗装(モルタル・サイディングなど)

屋根(カラーベスト、トタン)

屋根(カラーベスト、トタン)
塗替えの最適な時期について

塗膜の劣化の仕方は通常下記のような順序で起こってきます。

塗替えの最適な時期について

塗替えは、早いに越したことはありませんので、4の段階以前が最適な時期と言えますが費用対効果の視点から、遅くても5の段階より前が良いでしょう。
5の段階になると、住まいを形成している素材自体がそのまま外部の環境にさらされている状態になるので、建物自体の劣化にもつながります。素材自体の劣化や腐食となってしまいますと、塗替える為には劣化素材の交換や余分な下地処理が必要になり、その工程に応じて費用がかかってしまいます。
また、鉄部や木部は屋根に比べて劣化の進行が早いので、少しでも剥がれたらご自身で補修塗装しておくことが、費用をかけずに長持ちさせる秘訣になります。

塗替えのタイミング
無料建物診断