達美装の現場ブログ達美装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 達美装の現場ブログ > スタッフブログ > 江南市 外壁塗装・屋根塗装における水性塗料と油性塗料の違い…

江南市 外壁塗装・屋根塗装における水性塗料と油性塗料の違い(溶剤)について│江南市の外壁塗装・屋根塗装専門店は達美装

スタッフブログ 2019.10.22 (Tue) 更新

【江南市】外壁塗装・屋根塗装における水性塗料と油性塗料の違い(溶剤)について

 

皆様、おはようございます。

江南市の外壁塗装・屋根塗装専門店でお馴染みの達美装です。

 

夏本番が迫り大変暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

外壁塗装・屋根塗装シーズンとは言えない時期ではありますが、繁忙期ではないからこそ春や秋よりも腕の良い職人をお客様の施工に手配させていただける時期でもあります。

お家の劣化に悩まれ、早急な外壁塗装・屋根塗装が必要な江南市にお住いのお客様!

是非外壁塗装・屋根塗装専門店の達美装ご相談ください。

 

さて、本日は水性塗料と油性塗料の違いについてお話させて頂きたいと思います。

皆様は塗料の形成要因はご存知でしょうか?

外壁塗装・屋根塗装の塗料は「塗料=樹脂+溶剤+顔料+添加剤」でできています。

それぞれ説明させていただくと樹脂は塗料を固めるもの、顔料は塗料に色を付けるもの、添加剤は錆止めやツヤ消しなどの機能を加えるものです。

 

そして、溶剤とは塗料を希釈し、塗りやすい硬さに調整するものです。

溶剤には塗料によって定められた希釈率があり、気温や湿度によって異なる上に施工時の塗布量や膜厚に大きな影響を与えるため大変重要なものになります。

※余談ですが気温5度以下湿度85%以上は塗装に不向きとされています。

 

水性塗料と油性塗料の違いを生み出すのがこの溶剤の違いです。

①水性塗料:溶剤が水の塗料を指します。
②油性塗料:溶剤がシンナー等の塗料を指します。

 

一般的に水性塗料よりも油性塗料の方が外壁や屋根に対して密着度が高く耐久性も高くなるため、紫外線や雨からの劣化に強くなります。

その為、一般的には価格も水性塗料よりも油性塗料の方が高くなります。

 

本日は水性塗料と油性塗料の違いに関してお話させていただきました。

塗料に関しては分かりにくい部分も多いかと思いますので、専門家がお客様のニーズにピッタリの提案をさせていただきますので気軽にご相談ください。

 

本日もありがとうございました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐———————————————————————————-

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非ショールームに来店して頂きご質問してください!

愛知県一宮市・江南市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社達美装

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら↓

来店予約

愛知県一宮市の外壁塗装&防水専門店
株式会社達美装

本社/塗装・防水資材置き場
〒491-0832 愛知県一宮市若竹4丁目7-17
TEL:0586-85-6172 FAX:0586-85-6173

足場資材置き場
〒491-0832 愛知県一宮市若竹4丁目7-4

一宮ショールーム
〒491-0831 愛知県一宮市森本4丁目13-23
TEL:0120-825-257

江南ショールーム
〒483-8272 愛知県江南市古知野北屋敷89

TEL:0120-825-257