達美装の現場ブログ達美装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 達美装の現場ブログ > スタッフブログ > 稲沢市 外壁塗装| 屋根形状で雨漏りリスクが変わることご存…

稲沢市 外壁塗装| 屋根形状で雨漏りリスクが変わることご存知でしょうか?

スタッフブログ 2020.05.14 (Thu) 更新

皆さんこんにちは!

稲沢市の外壁塗装専門店達美装です。

劣化の進捗が激しい屋根はデザイン性のみで考えてはなりません。

現在の日本の住宅には様々な形の屋根が存在し、それらの屋根はデザイン性以外にも

屋根の形状にはそれぞれのメリット・デメリットがあり、実は住宅の雨漏りリスクはその屋根形状により異なります!

今回は屋根の形により、どのような雨漏りリスクがあるのかをご紹介していきます。

稲沢市の皆様のお住いはどれに分類されるかを考えながらご覧ください!

屋根の形状の違いによる雨漏りリスクを解説!

①切妻屋根

切妻屋根は、屋根の形の中で最も一般的で雨漏りにも強いと言われています。

切妻屋根の構造はとても単純で、複雑な屋根と比べると

メンテナンスも簡単なため安価なメンテナンスコストで済みます。

切妻屋根の雨漏り原因は、大棟と呼ばれる屋根の最上部(中心)にある棟部分です。

棟板金が強風で飛ばされることが多く、日頃からのメンテナンスが重要です。

②寄棟屋根

切妻屋根同様に、こちらの寄棟屋根も一般的で、

軒で全方向の外壁を覆っているため、守られていることがメリットとなる屋根形状です。

寄棟屋根の雨漏り原因は、「かきあい」と呼ばれる部分で

Y字になっている箇所から雨漏りが発生し、定期的なメンテナンスが欠かせません。

③片流れ屋根

片流れ屋根は、モダンでおしゃれな印象があり、そのデザイン性の高さから近年人気の高い屋根形状です。

ですが、屋根が一方向に向いていることから、屋根に落ちてくる雨水をの負担を

雨樋の一点にかかり、雨樋からのオーバーフローや雨樋の破損が多いです。

また、横殴りの雨に弱く、そこからの雨漏り率が非常に高いです。

④陸屋根

陸屋根は平らな形状で、屋上として活用することもできます。

また、住宅全体の外観もおしゃれになり、デザイン性も高いため片流れ屋根と同様、

近年人気の高い屋根形状で、「りくやね」「ろくやね」という呼ばれ方があります。

屋上として活用される場合は、ベランダと同じように防水が施されていることが多く、

陸屋根は平らな形状のため、雨水が長く留まり防水層や屋根部分劣化を早めてしまいます。

さらに、軒やけらばがないので、外壁が雨水にさらされる事などから

雨漏りリスクがとても高い屋根形状です。

適正なメンテナンスを定期的に施し、雨漏りリスクを低減させましょう。

 

———————————————————————————————————————————————————–

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非ショールームに来店予約して頂きご質問してください!

愛知県一宮市・江南市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社達美装

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら↓

来店予約

愛知県一宮市の外壁塗装&防水専門店
株式会社達美装

本社/塗装・防水資材置き場
〒491-0832 愛知県一宮市浅野字大曲り60
TEL:0586-85-6172 FAX:0586-85-6173

足場資材置き場
〒491-0832 愛知県一宮市千秋町町屋字端畑60

一宮ショールーム
〒491-0831 愛知県一宮市森本4丁目13-23
TEL:0120-825-257

江南ショールーム
〒483-8272 愛知県江南市古知野北屋敷89

TEL:0120-825-257