達美装の現場ブログ達美装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 達美装の現場ブログ > スタッフブログ > ポリウレタン塗料とアクリルウレタン塗料の違い/ウレタン塗料…

ポリウレタン塗料とアクリルウレタン塗料の違い/ウレタン塗料のメリット&デメリット

スタッフブログ新着情報 2021.01.19 (Tue) 更新

北名古屋市にお住いの皆様こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店達美装です!

 

今回は、「ポリウレタンとアクリルウレタンの違い」「ウレタン塗料のメリット&デメリット」について

ご紹介させていただきます。

まず初めに、この二つはそれぞれどの様な性質の塗料かをご説明いたします。

 

ポリウレタン塗料はポリオール樹脂を主剤として、イソシアネート樹脂(硬化剤)と組み合わせて作る塗料です。

一方、アクリルウレタンはアクリルポリオール樹脂を主剤として、ポリイソシアネート樹脂(硬化剤)を組み合わせた塗料です。

 

最近では、ウレタンと言えばアクリルウレタンのことを示します。

ウレタン塗料とひとことで言っても以下の通り様々なタイプがあり、メーカーも様々です。

 

ウレタン塗料 のタイプ

〇 強溶剤1液型ウレタン塗料・強溶剤2液型ウレタン塗料

〇 弱溶剤1液型ウレタン塗料・弱溶剤2液型ウレタン塗料

〇 水性1液型ウレタン塗料・水性2液型ウレタン塗料

 

ウレタン塗料とは?

近代では、ウレタン塗料よりも耐久性の高いシリコン塗料が安価になってきたため、シリコン塗料に人気を集めています。

ですが、ウレタン塗料にはウレタン塗料の良さがあります!一概に「シリコン塗料の方が良い!」とは言い切れません。

お手頃価格で汎用性が高いウレタン塗料は、根強い人気のある塗料です!

ウレタン塗料には、以下の3つの種類があります。

◆ 水性/水性1液型

◆ 油性/溶剤1液型

◆ 油性/溶剤2液型

この3種類は、用途に応じ使い分けられます。

 

メリット

1.ウレタン塗料が持つ密着性の良さと柔軟性

ウレタン塗料の一番のメリットは、樹脂が柔らかい事です。

他の塗料と比べ塗膜が柔らかい為、非常に密着性が高く、時間の経過と共に変形してしまう木材へも適しています。

モルタルやコンクリート外壁の場合は、建物の揺れにより金属部分は熱膨張によってひび割れが生じやすい傾向がありますが、

柔軟性に優れているためある程度カバーしてくれます。

これがウレタン塗料の魅力なのです。

 

2.万能性

一般的にウレタン塗料は、硬化剤を使う2液タイプです。

硬化剤の割合を増やすことで、網目構造が より綿密になり塗膜の性能が更に向上します。

そのため、密着度や弾力性を向上させたい場合はさ硬化剤の分量を増加せる事で、

ちょっとした動きにも対応し、強度の高い丈夫な塗膜を実現することができます。

反対に硬化剤の分量を少なくする事で、速乾性が高まります。

乾燥が早いため 作業性にも優れ細かい部分の補修にも有効です。

適切な下地との組み合わせをした速乾ウレタンは、細部の塗装にも適しているため

塩ビの雨樋や壁面の剝離など、小さい箇所の補修にも使用することができます。

硬化剤の分量を変える事で、色々な箇所に適用できるという事は、無駄の少ない塗料と言えますね。

 

種類が豊富

ウレタン塗料は、現場で長く親しまれている塗料ということもあり

国内外の各メーカーが生産しているため、色や種類が大変豊富です。

戸建ての外壁に使える塗料としては、塗る必要がある場所すべての条件にあったものを探すことができるでしょう。

 

デメリット

1.シリコン塗料に比べ耐久性が低下

【一般的な塗料の耐用年数目安】
シリコン塗料:10〜12年
ウレタン塗料:6〜8年

ウレタン塗料の耐久年数は6〜8年程度です。住宅の塗り替えは10年に1回行うのが目安といわれています。

少ない塗り替えで長期的にきれいな外壁を維持したい方は、耐久年数の長いシリコン塗料が安心です。

引越しや建て替えなどの予定があり、耐久性はあまり気にしないという方には、

安価で性能も安定していて、バリエーション豊富なウレタン塗料が最適とも言えます。

 

2.紫外線による変色

住宅の外壁は、日々紫外線にさらされています。

ウレタン塗料は、塗膜が紫外線によって黄色く変色する「黄変」が起こる場合があります。

シリコン塗料に比べ紫外線による変色が起きやすいと言われています。

 

3.水に反応しやすい

2液型のウレタン塗料で使用する硬化剤は、水と反応しやすい性質があります。

塗装時の湿度が極端に高いと、硬化剤が水分と結合し塗膜性能が落ちてしまうことがあります。

しかし、ウレタン塗料でなくても雨の際には塗料が薄まってしまったり

雨水が当たりまだら模様の汚い仕上がりになってしまったりするため、基本的に雨の日の工事は行いません。

塗料メーカー側も「気温が低い日や湿度の高い日の作業は避けたほうがよい」と注意事項として記載していますので、

ウレタン塗料だけのデメリットとは言いきれません。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐———————————————————————————-

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非ショールームに来店して頂きご質問してください!

愛知県一宮市・江南市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社達美装

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら↓

来店予約

愛知県一宮市の外壁塗装&防水専門店
株式会社達美装

本社/塗装・防水資材置き場
〒491-0832 愛知県一宮市浅野字大曲り60
TEL:0586-85-6172 FAX:0586-85-6173

足場資材置き場
〒491-0832 愛知県一宮市千秋町町屋字端畑60

一宮ショールーム
〒491-0831 愛知県一宮市森本4丁目13-23
TEL:0120-825-257

江南ショールーム
〒483-8272 愛知県江南市古知野北屋敷89

TEL:0120-825-257

北名古屋ショールーム
〒483-8272 愛知県北名古屋市高田寺屋敷437

TEL:0120-825-257