達美装の現場ブログ達美装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 達美装の現場ブログ > 台風によるトラブルを避けるためにもきちんとした業者選びを!

台風によるトラブルを避けるためにもきちんとした業者選びを!

2022.09.22 (Thu) 更新

みなさま、こんにちは!

愛知県一宮市・江南市・北名古屋市。稲沢市の外壁塗装・屋根塗装専門店の達美装です!

台風シーズンである9~10月で、外壁塗装の施工が止まってしまうことがあります。

お客様としてはトラブルなど起こってしまわないか心配ですよね。

実際、この期間に台風が来てしまうと、まっとうな会社であれば工事が止まってしまうことは間違いないでしょう。

今回はそのようなお客様の不安にお応えできるようお話できればと思います。

【外壁塗装中の台風による事故について】

外壁塗装を行っている途中に台風が来てしまい、足場が倒壊してしまい、近隣の住宅にご迷惑をかけてしまった…

こういった事態を恐れていらっしゃるお客様もいらっしゃるかと思いますが、きちんとした業者選びができていれば!

と、いいますのもそもそもこのような事故を起こした責任は多くの場合業者にあると判断されます、そのため損害賠償などが起きても基本的には業者側への請求となります。また、保険に入っているようなきちんとした業者選びができていればこういった事態は夜逃げなどされず、しっかりと損害賠償がなされます。

また、そもそもきちんとした業者であれば、台風のリスクはしっかりと把握していますし、無茶な工事を行うと自社にとって損害となってしまいますので、基本的には工事は行いませんし足場も解体してしまいます。風に揺れた足場倒れてしまうことは予想に想定できますから、万一にもそのようなことが起こらないよう足場ごとたたんでしまう、または固く固定してしまうのです。

とはいえ突然の事故や想定外のことはおこりますので、万が一の時の対応は、業者等に確認しておく必要があるでしょう。

また、足場の倒壊等は毎年例が出ている事故ですので、特に確認をしておく必要があります。

また、台風が終わった後すぐに塗装を始めるような業者には要注意です。

というのも、台風直後は塗装を行わないことがセオリーとなっているのです。湿気が多く、塗料の状態が大変うまくいかない機構となりますので十分乾くまで少し待ってから工事の再開となります。

塗料は、気温が5℃未満、湿度85%以上の時には水滴や結露、湿気によって塗料の濃度がおちてしまったり、外壁や屋根の表面に、水が張られた状態で塗られてしまうことで、塗膜がはがれたりと、品質に問題が出るリスクがでてきます。

台風はよく発生する季節が7~9月と概ねきまっているものの、台風に限らず強風や大雨のリスクは常にある形になります。

こういった天災や気候変動にも柔軟に対応してくれるきちんとした業者に依頼できるよう、外壁塗装を行う際はしっかりと業者選びを行うようにしてください。

達美装であれば、このような事態にも柔軟に対応し、長い間お客様に愛されています。

 

お問い合わせはぜひ下記からお願い致します!

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐———————————————————————————-

外壁塗装・屋根塗装について詳しく知りたい方は是非ショールームに来店して頂きご質問してください!

愛知県一宮市・江南市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談・お見積り依頼・診断(無料)は株式会社達美装

外壁塗装ショールーム来店予約はこちら↓

来店予約

愛知県一宮市の外壁塗装&防水専門店
株式会社達美装

本社/塗装・防水資材置き場
〒491-0832 愛知県一宮市若竹4丁目7-17
TEL:0586-85-6172 FAX:0586-85-6173

仮設資材センター
〒491-0832 愛知県一宮市若竹4丁目7-4

一宮ショールーム
〒491-0831 愛知県一宮市森本4丁目13-23
TEL:0120-825-257

江南ショールーム
〒483-8272 愛知県江南市古知野北屋敷89

TEL:0120-825-257